乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?

*

がんこな便秘、あなたは便秘薬にしますか?

もう、何年も便秘に悩まされて・・・」、そんな悩みの人意外と多いんですね。なぜって、女性の約半数が便秘に悩まされている事実があるんです。
そんな悩ましい便秘、便秘薬で便秘解消していますか?
でも、便秘薬って飲めば飲むほど便秘薬の量がどんどん増えていきやがて薬が無いと出ない位の依存症になっていませんか?
漢方薬に代えても、センナや大黄など下剤にも使われている成分だったりしますね。
毎朝、薬にたよらす自然にスッキリしたい」、そのためには腸内環境を改善、適度な運動、ストレスを残さないことが欠かせないのです。

腸内環境の改善には、

生きている体に有益な善玉菌を摂取する  胃酸などに負けない善玉菌を腸へ届ける
 腸に届いた善玉菌を腸の中で育てる
 が必要です。

プロバイオティクスという考え方

プロバイオティクスは、腸内の有用菌のはたらきを利用し強化することで身体の健康を増進し、事前に免疫力を高めて人が本来持っている自然の力で病気を予防しようという考え方です。
免疫力を高めるためには、腸内環境を整える必要があり、その鍵を握るのが乳酸菌、ビフィズス菌なのです。
乳酸菌やビフィズス菌を積極的に取り入れて、腸内の善玉菌を増やしてやることが大切なのです。

便秘をあなどってはいけない!

いまや、20代~30代の女性の約半数が便秘に悩んでいるらいいのです。そして、気になるのが彼女たちの便秘歴の長さです。
調査によると10年以上の慢性的便秘に悩んでいる女性が4割になろとしているのです。
便秘の原因は間違ったダイエットや欧米型の食事、生活環境など。便秘になると、身体にどのような影響があるか、どんなにつらいか、経験した人なら分かっていますよね。
お腹が張って重苦しい気分になり、肌荒れや吹き出物、口臭が強くなったりするのです。ひどくなると頭痛や吐き気をもよおすこともあります。
これらは、腸内の悪玉菌の仕業なのです。悪玉菌の作る毒素は、大腸がん、肝臓病や腎臓病、高血圧などの生活習慣病にかかりやくすなると言われています。
善玉菌を増やして腸内環境を改善することで便秘を解消しましょう。腸が丈夫になれば、美容にもいい効果をもたらし生活習慣病予防にもつながります。

乳酸菌
善玉菌と悪玉菌・ビフィズス菌