乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?
乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの? > 乳酸菌 > 乳酸菌が豊富なヨーグルト

乳酸菌が豊富なヨーグルト

酸菌は古くからヨーグルトやチーズなどの乳製品や、キムチや糠漬けといった漬物類の発酵類に利用されてきました。
乳酸菌とは乳糖やブドウ糖などの糖類を分解して、乳酸を多量に作る細菌の総称のことをいいます。

食べ物の腐敗を防ぎ、発酵中には悪玉菌を駆逐します。

 
生きて腸に届くと腸内でも乳酸を作ります。するとこの酸が腸を過度に刺激してお通じを促します。
腸内を弱酸性にするため有害菌の増殖が抑えられ、腸内環境が良好に保たれるのです。
乳酸菌は加熱すると死滅してしまいますが、死んだ菌も腸内で善玉菌のエサとして有効に使われます。
こうした乳酸菌の整腸作用は免疫力のアップにも貢献しています。

 
腸は人間の臓器の中で最も大きな免疫器官です。
侵入してくる病原菌や有害物質などの異物から体を守るために、多くの免疫防御機能が備わっています。
この腸内免疫の活性化には腸内に住み着いた善玉菌と呼ばれる細菌が深く関わっています。腸内環境を整えることで、体の免疫力を高めることができるのです。

 
市販のヨーグルトに使われている乳酸菌は様々なものが使われています。
したがって、自分の体に合ったものを選ぶことが大切ですね。
ヨーグルトには無糖と加糖、全脂と含脂、脱脂がありますが、料理には全脂無糖が甘味、酸味の調節がしやすいです。

 
ヨーグルトの表面に浮いている液体は乳清、又はホエーといいます。
高タンパクで低脂肪と栄養価が非常に高いので捨てたりしないでそのまま食べるか、煮込み料理などに入れて使うという方法もあります。
健康維持のための運動や食事は毎日続けることが大切で、乳酸菌は毎日の生活に無理なく取り入れやすい点がよく健康には効果的です。

 
腸内環境が整えば精神的な落ち着きにもつながります。
実際に、実験用に作られた腸の中に菌が全くないネズミは非常に落ち着きがないのですが、善玉菌を飲ませると穏やかになったという調査結果もあります。
またヨーグルトには肌の調子を整えるという作用もあります。

 




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。