乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?
乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの? > 善玉菌と悪玉菌 > 善玉菌を増やして便秘予防をしましょう!

善玉菌を増やして便秘予防をしましょう!

腸は栄養分と水分を吸収し、不必要なものを排泄する働きがあり、生きていくために大切な働きをしています。また、腸には免疫細胞が多く集まっているため、常にキレイにしておく必要があります。

 
健康的な人であれば、腸内には約100兆個の腸内細菌がすんでいて、400種類を超えます。
大きく分類すると、善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分けられます。日々のストレスや偏食、睡眠不足などでバランスが崩れることで悪玉菌が優位になり、女性に多い便秘や肌荒れなど、さまざまな体の不調が起こってしまいます。

 
対策として、腸の中の善玉菌を増やすことが重要です。
善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌を直接摂り、そのエサとなるオリゴ糖やプロフィックなどを摂取することです。

 
便秘予防には、善玉菌を直接摂る、善玉菌のエサを摂る、善玉菌を活性化する、悪玉菌を排泄する働きのある食物繊維を摂ることなどで腸内環境を整えることが必要です。
食物繊維の多い食べ物として、インゲン豆・小豆・きな粉・黒キクラゲ・干しヒジキ・干しシイタケ・切り干し大根・カンピョウなどがあり、普段から1日3食の食事にバランスよく取り入れるように心がけましょう。

 
腸内を酸性に保つことで、悪玉菌による腐敗の進行を止めて、悪玉菌の繁殖を抑制します。また、腸内を酸性化することで、病原菌の感染や細菌による下痢の予防にもなります。

 
善玉菌は腸のぜん動運動を活発にするので、便秘予防にも有効です。
便秘とは、老廃物や有害物質が長い時間腸にいる状態です。腸内環境を整えて健康を維持することで、美肌など美容への効果も期待できます。

 
他に善玉菌の働きとして、ホルモン・ビタミンの産生、免疫機能の強化、コレステロールを低下させるなどがあります。
規則正しい食生活や充分な睡眠、適度な運動など普段の生活習慣を見直し、改善することも大事です。

 
便秘でお悩みの方は、ヨガやテニスなど体をねじるような運動を行い、ヨーグルトや漬物などの発酵食品を摂って、朝晩の腸マッサージをすることをおすすめします。

 




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。