乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?
ホーム > 善玉菌と悪玉菌 > 腸内細菌である「善玉菌」を増やす食べ物

腸内細菌である「善玉菌」を増やす食べ物

善玉菌とは、いわゆる腸内細菌のことです。腸内細菌は人間や動物の腸内に生息している細菌です。人間一人当たりでおよそ100種類以上、100兆個以上も腸内細菌を保有しています。排便の際に排出される便のおよそ半分が腸内細菌やその屍骸だと言われています
 
腸内細菌のなかで、人間の健康維持に貢献してくれる細菌を「善玉菌」、害を及ぼす細菌を「悪玉菌」と呼びます。善玉菌のなかで最も知名度があるものが「乳酸菌」です。ヨーグルトに多く含まれており、便秘改善や便やおならの臭い軽減、肌荒れ防止、ダイエット、生活習慣病の予防などに効果があることでも有名です。
ヨーグルトに善玉菌である乳酸菌が多く含まれていることからも、善玉菌を増やすには普段の食事でも心がけて摂取すればよいということが分かります。
 
乳酸菌が多く含まれている「ヨーグルト」は善玉菌を増やす食べ物です。朝食の付け合わせや夕食後のデザートなどで意識して摂取するといいでしょう。同じ乳製品である「牛乳」は乳酸菌を多く含む食べ物ではありませんが、それに含まれているラクトースは腸の善玉菌の餌となり善玉菌を増やす働きがあります。
牛乳でお腹を壊しやすい人はチーズがおすすめです。チーズは発酵食品ですので乳酸菌の他にも「酵母」が沢山含まれており善玉菌を増やします。
 
日本の調味料で代表的な味噌や醤油も大豆を発酵させてできている食品です。乳酸菌や酵母菌が多く含まれているので定期的に摂取することで乳酸菌の減少を改善できます。
日本の食卓によく並ぶ「お漬け物」も発酵食品ですので味噌や醤油と同じように善玉菌を効率よく増やしてくれます。お漬け物は酸っぱいほど乳酸菌が多く含まれています。同じお漬け物である「キムチ」も効果的な食べ物です。
 
以上のような体の中で生きている善玉菌を増やす食品を意識して摂取し、お肉や炭水化物を少し減らしながら健康的な食事を心がけることで善玉菌を増やすことができます。
 




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA