乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?
乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの? > 乳酸菌 > 体内に保有する悪い菌(ピロリ菌)とLG21乳酸菌

体内に保有する悪い菌(ピロリ菌)とLG21乳酸菌

私たちの体には多くの菌が存在しています。
生まれた時は綺麗な体ですが、日が経つにつれて様々な菌を保有するようになります。その中には良い菌もあれば悪い菌もあります。
人は体の中に両方の菌を保有しながら毎日生活しているのです。
良い菌は体に有益な働きをしてくれるので問題ありませんが、問題なのは悪い菌です。
悪い菌は人体にとって有害になりうる菌なのです。

 
良い菌が増えれば病気になりにくくなります。悪い菌を抑制してくれるからです。
その良い菌の中に乳酸菌があります。
乳酸菌は炭水化物などに含まれる糖質から乳酸などの酸をつくる菌の総称です。
人間にとって健康を保つために必要な菌なのです。

 
この乳酸菌には非常に多くの種類が存在しています。その数は数百種類にも及びます。
この中で有名なのはビフィズス菌です。
人間の腸内に存在していて、有効な働きをしてくれる菌で、ヨーグルトなどに含まれていることが多いです。

 
また、ピロリ菌などの悪い菌も存在しています。
これは胃の壁を傷つける菌として80年代に発見されました。
それまで胃の中は強力な酸があるので菌は存在しないと言われていましたが、このピロリ菌はそんな常識を覆す存在だったのです。
ピロリ菌は胃炎、胃がん、大腸がんなどを引き起こす可能性があり、現在では非常に注目をされています。

 
ピロリ菌は先進国では保菌している人は少ないです。これは食べ物や飲み物が大きく関係しています。
特に水道の普及との関連性が強いと言われています。
このため水道が普及していない国では保菌者が多いのです。日本でも年齢が高い世代には保菌者が多いです。

 
このピロリ菌を除菌できる効果がある菌はLG21です。
これは乳酸菌の一つで、ピロリ菌がLG21の出す乳酸には非常に弱いためです。
また、乳酸菌が増えるとピロリ菌の繁殖や活動に必要な場所を奪っていくということもピロリ菌が減少していく原因なのです。
このように良い菌を増やして悪い菌を減らすことで私たちが健康に生活できるのです。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。