乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?
乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの? > 乳酸菌 > 乳酸菌にはいろいろな種類があります。

乳酸菌にはいろいろな種類があります。

乳酸菌にはたくさんの種類があるのをご存知でしょうか。
乳酸菌の仲間は、糖を分解して乳酸を生産する能力を持っているので、その能力を持っているいくつかの菌が人間の腸内には存在しているのです。

 
高校生物で学習した人もいることでしょう。
糖の一種であるグルコース1分子を分解すると、2分子の乳酸を生成されます。と同時に、ATPと呼ばれるエネルギー物質もが発生し、このエネルギーを生命活動のエネルギーに利用しているのです。

 
乳酸菌の存在は私たちの生活にとって欠かせないものです。
どの分野で乳酸菌が活躍しているのかというと、食品工業や発酵工業の分野です。乳酸菌飲料としては有名なヤクルト菌は乳酸菌の種類の1つです。さらにいうとチーズやバターの生産にも別の種類の乳酸菌が関係しているのです。

 
つまり、乳酸菌の存在がなければ、チーズもバターもなかったのです。
そう考えると、乳酸菌がとてもありがたい存在だと気付くでしょう。たくさんの種類がある乳酸菌ですが、最初の発見は1899年でした。乳酸菌の一種のビフィズス菌の発見が始まりだったのです。

 
ビフィズス菌の発見から始まった乳酸菌の研究。
そのおかげで様々な種類の乳酸菌が見つかり、それらを色々な分野で利用するようになったのです。
乳酸菌の研究者として有名なのはロシアの細菌学者であるメチニコフです。今でも多くの研究者が乳酸菌の研究をしていますし、それくらい多くの種類の乳酸菌がいるのです。

 
ヤクルト菌やビフィズス菌はもう知らない人はいないくらいに有名な種類の乳酸菌となりました。乳酸菌がお腹の調子を整えてくれるという知識は誰もが持ち合わせている知識となりました。もっと研究が進めば、新事実が分かるでしょう。

 
老化の原因は何だと思いますか、多くの人は紫外線やストレスだと考えていると思います。
最近の研究では、有害菌や腐敗細菌などの悪玉菌の毒素が老化の原因であることが分かってきたのです。つまり、老化予防には腸内環境を整えることが挙げられるのです。

 
そのため、善玉菌の種類の1つである乳酸菌が老化予防に役に立つのではと期待されているのです。
アンチエイジング効果が乳酸菌にあったのです。この乳酸菌にはいくつかの種類があります。例えばクレモリス菌は通性嫌気性菌でヨーグルトの表面が黄色くなって部分に存在します。

 




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。