乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?

京都の漬物から発見された植物性乳酸菌のラブレ菌


ヨーグルト等に含まれる乳酸菌やビフィズス菌などは有名な存在となっていますが、乳酸菌という名前だけで実際どのような菌か説明できる人はあまりいません。
乳酸菌には、植物性乳酸菌動物性の乳酸菌があります。
植物性の乳酸菌は野菜や米など、植物素材を発酵させて作られた乳酸菌です。日本では古来から味噌や漬物などの様々な発酵食品に生育しており、親しみのある菌の一つです。

 
一方で、発酵した乳に生育している菌は動物性乳酸菌と呼ばれています。
乳酸菌には、整腸作用がある事が知られていますが、動物性のものより植物性の乳酸菌の方がより効果があるとみられ、さらに腸管の免疫をアップさせるというデータも出てきています。

 
また、日本国内だけでなく世界中で植物性の乳酸菌が含まれている食材は多く、人間は知らずに昔から体にいい菌を取り入れていたといえます。

 


乳酸菌が菌として有名なのとは対照的に、ラブレ菌はまだ知名度として、なじみの薄い菌といえます。

 
ラブレ菌とは、一人の博士が興味を持った、京都の男性は長寿という記事から始まりました。
京都の人が良く食べる漬物を調べ、特に酸味のある、すぐきという漬物の中から新種の乳酸菌を発見し、ラブレ菌と名付けました。
ラブレ菌で注目されている効果は免疫力のアップです。
体内に摂取する事で、体に中にあるウィルスなどから感染を守ってくれる物質の効果を活性化してくれる事が分かってきました。

 
いくら体によくても、腸内まで届かないと意味がありません。
一般的な動物性の乳酸菌は胃液でやられてしまい、腸に届く菌は数少ないと言われています。例え届いても、腸で生き抜ける菌はもっと少なくなります。
植物性乳酸菌のなかでもラブレ菌は、とりわけ胃液、腸液に強く腸内で生き抜く力が強いので、整腸作用などの効果がより期待できます。

 
日本人は古来から植物性の乳酸菌を多く摂取し、長寿の一つとされてきました。
最近では、食生活の変化から動物性の乳酸菌が好まれるようになりましたが、免疫力の向上を考え、食物性乳酸菌と言っても良いくらい植物性乳酸菌が多く含まれた漬物など、発酵食品の摂取を心掛けていく事が大切です