乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?

植物性乳酸菌について


「乳酸菌」と聞かれて何を思い浮かべますか?
まず、ヨーグルトそしてチーズなどを思い浮かべるでしょう。しかし、乳酸菌は他にもいろんな食品に含まれているのです。
例えば、漬物や味噌などにも乳酸菌が含まれているのです。

 
牛乳を発酵して作られるヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌を「動物性乳酸菌」、野菜・米・麦や大豆などの発酵食品である漬物や味噌に含まれる乳酸菌を「植物性乳酸菌」といい区別されています。
乳糖だけを分解して乳酸を作る動物性乳酸菌に対して、植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖、麦芽糖など、色々な糖類を分解して乳酸を作ります。

 
動物性乳酸菌は他の微生物との共存が難しいので生息環境は制限されているのですが、他の微生物と共存できる植物性乳酸菌は塩分濃度が高い環境や酸性が強い環境でも生きていることができるという特徴があります。

 
つまり、生命力の強い植物性乳酸菌は、胃の強い酸性にも負けず活き活きとした状態のまま腸の中まで届くと言われていて、乳酸菌のパワーを体の中で存分に発揮してくれるのです。

 
私たちの朝の食卓には「漬物」がつきものですが、この漬物は乳酸菌を多く含み、同時に食物繊維も取れるという優れた商品です。その漬物の中でも、古くから親しまれている「ぬか漬け」は、良質な乳酸菌を含む漬物としてお勧めの食品です。

 
近年は和食を好まず、洋食中心の家族も増えてきているようですが、腸内環境を整え健康に留意することを考えるなら、食卓に「漬物」を取り入れてみませんか。
植物性乳酸菌のパワーを取り込んで、若々しい腸年齢を取り戻しましょう。