乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?
ホーム > 乳酸菌 > 乳酸菌がつくるヨーグルト

乳酸菌がつくるヨーグルト

ヨーグルトは腸の蠕動運動を促進させる効果があります。
これは乳酸菌のはたらきによるものなのです。そんなヨーグルトが世界的に有名な地域といえば、バルカン半島や東地中海沿岸地方です。
 
昔から乳酸菌を使ったヨーグルトが食べられていたのです。ヨーグルトを食べているバルカン半島の人々は日本人と同じくらい長寿者大国なのです。日本人も乳酸菌を利用した食べ物をたくさん食べて長生きをしているので、乳酸菌こそ、健康のもと、長寿のもとなのです。
最近、日本人もブルガリアヨーグルトやカスピ海ヨーグルトなどヨーグルトをたくさん食べる習慣がついてきました。

 
ヨーグルトヨーグルトは発酵乳というグループに属するので、無脂乳固形分を8%以上にしなければいけない決まりになっています。
また、乳酸菌数の数にも決まりがあり、1ml当たりの1000万匹以上の乳酸菌が入っていないとヨーグルトには呼べないのです。乳酸菌は入っていなければならなく、大腸菌などの悪玉菌は一匹たりとも検出されてはいけない決まりになっています。
 
1ml当たり1000万以上の乳酸菌がヨーグルトに含まれていることを考えいると、ヨーグルトはとても健康によい食べ物であることが分かると思います。
 
ヨーグルトは牛乳を原料としていますが、脱脂乳が原料になったり脱脂粉乳が原料となる場合もあるのです。
その原料の違いにより様々なヨーグルトが誕生していているのです。ヨーグルトの中にゼラチンや寒天などが含まれていたり、甘さを際出せるためにショ糖や果実などを加えたものもあるのです。
 
どれもこれも乳酸菌との相性が良いのです。
さらに乳酸菌の仲間のブルガリア菌やアシドフィラス菌が含まれていることもあるのです。このように乳酸菌の仲間はたくさんいるのです、「○○菌」と名前を聞いただけで悪いイメージを思い浮かべるのは避けてほしいものです。

 
乳酸菌がつくるヨーグルトはその種類によってグループ化できるのです。
ハードヨーグルトと呼ばれるタイプのヨーグルトは多少硬めのヨーグルトなのです。ヨーグルトの硬化剤にゼラチンや寒天を使っています。
乳酸菌と硬化剤は影響し合わないので大丈夫なのです。ハードヨーグルトは日本ではなじみの深いヨーグルトで昔から食べられているタイプのものです。
 
ヨーグルトといったら、大人の人がイメージするヨーグルトは固形状のものでしょうね。
柔らかいヨーグルトとしてはプレーンヨーグルトがありま、乳酸菌の数は種類に限らず一定です。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA