乳酸菌は腸内善玉菌を本当に増やすの?
ホーム > 善玉菌と悪玉菌 > 善玉菌と悪玉菌の影響、そして善玉菌を増やす方法について

善玉菌と悪玉菌の影響、そして善玉菌を増やす方法について

人間の腸の中には、善玉菌と悪玉菌とがあります。善玉菌は、腸内環境を整えることで、腸の働きを良くしてくれる菌です。悪玉菌は、逆に腸の働きを悪くする菌です。
腸内環境が悪くなると、消化が悪くなり、腸内には老廃物がたまりやすくなります。本来は、老廃物は便として排出されるのですが、腸の働きが悪いとなかなか排出されず、老廃物が長く留まることになります。
この状態が、いわゆる便秘です。

便秘になってしまうと、お腹がポッコリと膨らんだり、それによる窮屈さを感じるようになったりします。
そして老廃物の腐敗により体臭が強くなりますし、その毒素により肌には吹き出物ができやすくなります。何とか便を排出させようと肛門に力を入れることで、痔になることもありますし、血圧が上がって脳出血を起こしてしまうこともあります。
このように悪玉菌は、腸だけでなく身体の他の部位にも、悪い影響を与える菌なのです。

そして善玉菌が増えると、腸は活発に動くようになり、老廃物はどんどん排出されていきます。老廃物の蓄積による体臭が発生することもなく、身体がむくんでしまうことも肌が荒れることもありません。
大腸がんなどの腸の疾患や、その他の部位の疾患のリスクも下げることができます。

善玉菌とは、具体的には乳酸菌やビフィズス菌です。
これらが含まれている食品を積極的に食べることで、腸内の善玉菌は増えていきます。具体的には、チーズやヨーグルトなどの乳製品、味噌やキムチなどの発酵食品です。

また、オリゴ糖が含まれているバナナを食べることも有効です。
オリゴ糖は、善玉菌のエサとなります。つまりオリゴ糖を摂取すると、それをエサに善玉菌がどんどん増えていくのです。

さらに納豆を食べることも効果があります。
納豆に含まれている納豆菌には、悪玉菌を減らす力があるのです。
これらの食品を毎日食卓に並べるようにすれば、腸内環境は良くなり、便秘になりにくくなりますし、その他の不快な症状も起こりにくくなります。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA